あなたは大丈夫?簡単にできる加齢臭のチェック方法と対策方法

ベッドの上の白い枕の配置を整えている

いつの間にか周囲の女性たちから距離を置かれてショックを受けることがないように、嫌われる前に体臭をチェックしておくことがおすすめです。
特に30代になってくると、男性は加齢臭やミドル脂臭などのおじさん系の体臭問題を気にしなければなりません。
ですが加齢臭などは若い頃は気にしなくても済んでいた臭いですから、気になったときのチェック方法が分からないと困りますね。
そこで加齢臭対策をすべきか分からないあなたのために、チェック方法とおすすめの対策方法を分かりやすく解説します。

すぐに出来る簡単な加齢臭チェックの方法

あなたが自分が加齢臭やミドル脂臭などを周囲に広めていないか気になったときには、簡単なチェック方法があるので解説します。

定番のチェック方法は枕の臭いを嗅ぐ

加齢臭チェックの定番方法となっているのが、あなたが寝ているときに使っていた枕の臭いを嗅いでみることです。
あなたの首筋や耳の裏などが接触する枕だけあり、加齢臭がするようになっていたら枕に臭いが染みついているため良く分かります。
普段は自分の体臭だから気にならなくても、枕のように間接的に臭いを嗅いで臭かったらすぐに対策を始めること。

1日着ていた肌着などの臭いを嗅ぐ

枕の臭いは入浴してから寝る場合も多く、使っている石けんやボディーソープによっては気にならない場合もあります。
ですがそれで日中の加齢臭が抑えられているとは限らないため、仕事から帰ってきたら自分の肌着などの臭いを嗅いでみるのもおすすめのチェック方法です。
特に確認しておきたいのが襟首部分の臭いなので、着ていた肌着を脱いだらそのまま洗濯するのでは無く、いったん臭いを嗅いでみること。
他の部分に関しても臭いが染みついている可能性があるため、全体的にチェックして少しでも気になるようなら加齢臭対策が必要です。

あまり加齢臭が強くなければ洗濯前にチェックしなければなりませんが、実は衣服に染み付いた臭いは洗濯だけでは落ちていないこともあります。
そのため洗濯した後の洋服の臭いを嗅いだときにも臭かったら、既に周囲の人たちにはおじさん臭いと思われていた可能性が高いから速攻で対策すること。
そのままにしておくと会社内でもスメハラとして問題になる可能性もあるから、女子社員に嫌われるだけでは済みません。

加齢臭はストレスも原因になるから帰宅後にチェック

朝起きて枕の臭いを嗅いで加齢臭チェックをするのが定番の方法になっていますが、加齢臭の原因はストレスなども関係してきます。
そのため仕事中に臭いが強くなる可能性もあるから、枕の臭いを確認しただけで終わりにしないこと。
満員電車や会社内での人間関係など、自宅以外でストレスを感じることが多いため、帰宅してからの衣服チェックは大切です。

仕事中のストレスが原因となっている場合、会社を変えるような対策は効果はあっても現実的ではないため、おすすめなのはアジカのボディーソープのような加齢臭やミドル脂臭ケア商品を使うことです。
仕事が忙しくても毎日お風呂に入っていれば忘れずに消臭効果が期待できますし、入浴はストレス発散効果も期待できるからダブルの意味で加齢臭対策になります。

関連記事

アジカのボディソープ1回分の使用量は元の容器のままだと分かりにくい

1日1回塗るだけ!手軽にワキガケアが出来るD AGICAの成分や特徴を詳しく紹介

アジカのボディソープ2回目到着でコスパはどうなる?定期コースは早めに商品が発送さ...

バツを提示する女性

あなたの加齢臭がハラスメントの原因!?スメルハラスメントについて

電車内でくさい脇のニオイを発する男性のイラスト

他人事ではない!?加齢臭は自覚がなくても避けられないから対策はしっかりと

アジカグランテックの成分解説

AGICA(アジカ)